姫路・明石・加古川・神戸の結婚相談所です

結婚相談所ほっとライン

昔ながらの仲人を紹介します

お問合せはメールをご利用下さい

明石や姫路で待ち合わせをする女性

成婚について 新着情報

明石や加古川の20代女性!婚活中に起こったハプニング!

投稿日:

姫路で婚活中の女性、彼が突然にリストラに!さてどうする?

明石や加古川で結婚相手を紹介していますが、お金の話が婚活を左右するケースはたくさんあります。
よく、「結婚は愛。お金の有無ではない」ということを言っている人がいますが、私は必ずしもその考え方には肯定できません。

もちろん愛がなくては結婚できませんが、愛だけでも結婚生活が続かないからです。
結婚は「結婚式をあげること」ではなく、「二人で暮らしていくこと」というのを神戸の婚活セミナーでは話をしています。

ですから、最低限の先立つものがなくては、結婚生活を継続していくことは困難になります。
ところで、もしも結婚を前提にお付き合いしている男性が突然、失職したら、みなさんはどうしますか?
それでも結婚をするか、ほかの男性に乗り換えるか、本音のところではとても悩ましいのではないでしょうか。

姫路市のTさん(41歳、IT系企業の会社員、女性)の場合

IT系の企業に勤務するTさんは41歳の女性。
責任のある立場で仕事をしていて、部下や後輩から相談を受けることもよくあるとか。
もともと体育会出身ということもあって、サッパリした性格とガッッが認められ、本人が新人の頃は上司や先輩に毎日のように飲みにつれて行ってもらったそうです。
Tさんいわく、「あの頃は、まだバブルの残り香がほんのり漂っている時代だったんだと思います」。
そんなTさんも気がつけば40歳を超えていました。
仕事が楽しくて夢中になっていたら、周りの女友達は次々と結婚していた、という状態です。
40の声を聞いた途端、恋愛のほうもサッパリ。
「昔は黙っていても毎日ごちそうされたのに、今は全然。むしろ後輩と食事をすると、『先輩、ごちそうさまです!』と先に言われてしまいますから」と話すように、最近は部下や後輩の支払いをすることも多いそうです。

そこで、遅まきながらTさんも真剣に結婚したいと考えて、神戸にある私の結婚相談所に相談に来ました。
Tさんの希望は、「気前がいい人がいい。私より年収が高い人がいいし、デート代はいつでも男性が支払ってもらいたい」というもの。
Tさんの年収は800万円だったので、それ以上の収入がある姫路から明石に住む男性を探してお見合いをセッティングすることにしました。

加古川市の男性とお見合いして、二人のフィーリングも合い、交際を進めることになったのですが、2ヶ月後に突然、彼のほうが会社からリストラを宣告されてしまったのでした。

Tさんにとっては、結婚相手に求める最優先事項は見た目でも性格でもなく「お金」の一点張りでしたから、突然のリストラ宣告は相当シヨックなこと。

私は内心、「これはさすがに、破談になってしまうかもしれない・・・」と不安に思ったものでした。
ところが、賢くて勇気のあるTさんの考えは実にキッパリしたものでした。
「大丈夫。失業中は私がサポートさせてもらうから。その代わり、今よりもお給料がいい会社に就職できるように頑張って。そうしたら結婚しましょう」と彼に告げたと言います。

Tさんは、彼が仕事のできる人だとわかっていたので、今の会社を辞めたところで次の仕事が必ずあるだろうと信じていたことを、後日私に話してくれました。
あれほど、男性から箸ってもらうことにこだわっていたTさんが、気持ちを切り替えた瞬間に、幸せな結婚ができたことは、私にとっても目からウロコの嬉しい展開でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-成婚について, 新着情報

Copyright© 結婚相談所ほっとライン , 2018 All Rights Reserved.