姫路・明石・加古川・神戸の結婚相談所です

結婚相談所ほっとライン

昔ながらの仲人を紹介します

お問合せはメールをご利用下さい

勘違いする婚活女性

相談・質問

神戸で人気の結婚相談所!姫路のお見合い女性に多い「勘違い婚活」

更新日:

大丈夫!?女性が陥りがちな「勘違い婚活」

神戸で結婚相談所をしているのですが、「このままでは私は結婚できないのでは?」そんなふうに不安を抱えて、なんとなく婚活をはじめたという姫路や明石の女性が増えています。
その前向きな姿勢自体はとても賛成ですが、ときどき勘違いした婚活をしている人に出会って驚くことがあります。
とくに多いのが、30代以降の女性によく見られるパターンです。
例えば、加古川の女性ですが、誰が見ても「それはあり得ないでしょう」と思えることなのに、どういうわけか冷静さを欠いてしまい、間違った方向で婚活を続ける30代以降の女性たちは少なくありません。
本来であれば、人生経験も増えて、女性として内面の美しさをたたえる充実した時期にさしかかった彼女たちは、なぜ見当違いな婚活をしてしまうのでしょうか。

勘違い婚活の代表的な例として、医師や弁護士の男性にターゲットをしぼった婚活をしている女性たちの話をしておきましょう。

国家資格である医師や弁護士は、高収入で安定した職業の筆頭でもあり、神戸や姫路でも昔から人気が高いことでも有名です。
ですから、医師や弁護士の男性をパートナーにしたいと考える明石や加古川の女性が少なくないのも不思議なことではありません。
中には「医者なら誰でもいい。人格も容姿もこだわらなどとい」う人もいます。
ではなぜ、こうした女性たちが勘違い婚活といわれてしまうのでしょうか。
神戸で結婚相談所をしている私が、現実を踏まえてその理由をご説明しましょう。

普通の女性は、医師とは結婚できない!?

ここからは、女性にとっては少し耳の痛い話になるかもしれません。
ですが、現実のこととして受けとめることで、確実な婚活ができるようになると思ってください。
神戸で結婚相談所をしている私のところにも結婚相手を紹介してほしいという姫路や明石のお医者さんが登録されています。
一般的な30代の女性が医師や弁護士と結婚しようとすることが、なぜ勘違い婚活なのかを説明するには、医師や弁護士となった男性の背景を考える必要があります。

ここでは、医師の場合で考えてみましょう。

医師になるには、実家にある程度の資産があることが前提です。
なぜなら、大学で医学部に進学する場合、国公立はともかく、私立であれば大変に高額な学費がかかります。
しかも、私大の医学部に進学する場合、高校までも私立の学校に通っていることが多く、ここでも公立に通った場合に比べて高額の学費がかかっています。
ということは、大学の医学部を卒業するまでにかかる費用は、一般のサラリーマン家庭では難しいかなりの高額になります。
ひとりの子どもにそれだけのお金を支払えるだけの蓄えがある家庭は、現実的に考えてもそう多くはありません。
医師を目指す子どもの親が医師であることはよくありますが、一般的なサラリーマンの家庭から医師になる子どもが少ないのは、収入面から考えてもなかば当然のことといえるでしょう。
もしも、子どもを医師にしようとすれば、親は経済的にも大きな負担をおっていることが予想されます。

当然のことながら、金銭面だけではなく、勉強面でのストイックさも要求されます。

子どもの頃から塾へ通うなど、勉強を重ねて医学部を目指すということになれば、ほかの子どもたちと同じように遊ぶ時間はなかったはずです。
その結果、それほどまでに熱意を持って子どもに投資をした家庭で育ってこそ、医師が誕生するということになります。
そして、このような過程を経て晴れて医師になったのですから、親の期待も大きいことが想像できます。
ここまでの背景を考えたとき、彼らの結婚相手にはどのような女性が望まれていると思いますか?
もっと具体的に言えば、普通に暮らしてきて30歳を過ぎたごく一般的な女性が求められると思いますか?
勉強も人一倍やってきて、莫大なお金をかけて一人前の医師になった男性は、容姿や教育レベル、教養や上品さなど、明らかにハイレベルな女性が自分にふさわしい結婚相手だと考えるのではないでしょうか。

つまり、医師と結婚できるのは、ほんのひと握りの特別な女性です。

そのことを理解しておいたほうが、過度な期待をした勘違い婚活をせずに済むでしょう。
「婚活」と聞くと、あたかも女性が選ぶ側に回っているように思えますが、必ずしもそうではありません。
男性も女性を品定めしつつ、自分の人生を共に歩む伴侶として真剣に選んでいることを忘れてはいけません。
普通の女性が医師から結婚相手として選ばれるためには、それ相応の女性になるための努力が必要になるのです。

結婚は本人だけではなく、親の問題も視野に入れて

もしも、幸運にも「条件ではなく、純粋にあなたの人柄に惹かれました」と言う医師の男性が現れた場合でも油断はできません。
なぜなら、息子の成長に人生を賭けたご両親の反発を覚悟しなくてはならないからです。
手塩にかけて育ててきた息子を新しく登場した女性にさらわれるわけですから、イヤミのひとつも言われるかもしれません。
そうしたときに、「私には、このウリがあるから相手に愛されるんだ」という自分の心が折れないような、よりどころとなる何かを持っておいたほうがいいと思います。
反対に言えば、そうした誰にも負けない自分の付加価値を今からつくっていけば、勘違い婚活ではなく、対等な立場で医師との結婚も望めるといえます。
お時間のある方は、神戸や加古川で無料の結婚相談をしていますので、自分の思い通りに婚活が進められる具体的な方法を見つけましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-相談・質問

Copyright© 結婚相談所ほっとライン , 2018 All Rights Reserved.