神戸の三宮駅すぐの結婚相談所、神戸市の婚活お見合い

神戸・姫路・明石・加古川の結婚相談 | 神戸市のお見合い婚活ブライダル・ネットJ

 080-5776-5667

兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-3
創建ビル9F

姫路で婚活中の30代女性

相談・質問

ぬくぬく生活は「結婚先延ばし」の悪の根源

投稿日:

30代の女性に多い「実家依存で結婚が遅くなる」

神戸の結婚相談所にご入会されてから半年になる姫路市のUさん。
34歳で、加古川市の小学校の先生。ご両親と姫路で同居をしています。
20代のころは、大学の同級生の明石の彼とずっとお付き合いをしていたのですが、27歳の時に別れて、それからはずっとひとりだとか。
「気が付いたら、もう34歳。私もそろそろ結婚したいなって思ったんです」
早速入会をして、すでに6人の男性とお見合いをしましたが、うまくいきませんでした。
「お見合いって、体力も精神力も使って、すごくパワーがいるんですね。私、6回全速力で走ったら、なんだか疲れちゃって」
「疲れたって、まだ6回しかお見合いしてないよ」
「もう6回ですよ。休んで、自分を充電させたいです」
「気持ちはわかるけど、野歳で、前の人と別れて、気付いたら27歳だったんでしょう?っていうことは、あっという問に40歳になるよ」
「でも私、なんだかんだ言って、ひとりがラクなんですよね」

姫路の家に帰れば、お父さん、お母さんが、やさしく迎えてくれる。
お母さんがおいしいご飯を作って、帰りを待っていてくれる。
お風呂も沸いているし、洗濯もしておいてくれる。

でも、このぬくぬくパラサイト生活が、彼女の結婚を先延ばしにする悪の根源なのです。
「ひとりがラクっていっても、Uさんはひとり暮らしをしているわけではないでしょう?それは完全にひとりということではないよ。ふたりでもラクな人を探せばいいんじゃないかな?それにもし、お父さんかお母さんが倒れたら、どうするの?働きながら、Uさんひとりで介護できるの?」

Uさんは、まだまだそんな心配はしなくてもいいと思っているようです。
確かにお母さんが若い時に生まれている子供は、30歳を過ぎても、ご両親はお元気かもしれません。
でも、30歳を過ぎても親元にいる人は、男性も女性も結婚難民になってしまう傾向があるのです。
彼女の例だけでなく、姫路や明石から神戸までご相談に来てくださるご両親も多いですが、息子さん娘さんを早く結婚させたかったら、可愛い子には旅をさせる感覚で自立をうながしていってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-相談・質問

電話をする

Copyright© 神戸・姫路・明石・加古川の結婚相談 | 神戸市のお見合い婚活ブライダル・ネットJ , 2018 All Rights Reserved.