神戸の三宮駅すぐの結婚相談所、神戸市の婚活お見合い

神戸・姫路・明石・加古川の結婚相談 | 神戸市のお見合い婚活ブライダル・ネットJ

 080-5776-5667

兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-3
創建ビル9F

神戸や姫路のバブル女子

お知らせ・他

結婚相談所でなかなか結婚できないバブル女子!?

投稿日:

婚活で悩む!モテ期の自分が忘れられない「プチ・バブル女子」

神戸や姫路で婚活しているみなさん、自分の「モテ期」はいつでしたか?
一般的に「モテ期」とは、こちらが望むと望まざるにかかわらず、異性からチヤホヤされる時期のことを指します。
モテ期は誰にでも一度は訪れると言いますが、かつてのモテ期にこだわりすぎて、その後何年もたっているのに高みから降りて来られない女性たちが「プチ・パブル女子」です。
過去の自分を引きずっているという点では、前回のお話で出た加古川市や明石市の「元・お嬢さん女子」と似ていますが、「プチ・バブル女子」ほうが攻撃的な図々しさを帯びています。
なぜなら、「私はまだイケてるはず」という思い込みがどこかにあるため、どことなく居丈高な雰囲気をかもしだしているからです。

私が出会った加古川市の「プチ・バブル女子」42歳

見た目は美しくファッションも洗練されていて、「さぞかし昔はモテたのだろうな」と思わせる女性でした。
ところが話を聞いていくうちに、「プチ・バブル女子」ならではの図々しさが台頭してきたのです。

結婚相手への希望として、彼女は「とにかく神戸市の医者。医者で年下で、できたら35歳までが希望」と言いました。
42歳という年齢は、出産のリミットを考えるとギリギリですから、多少の焦りもあったのでしょう。

それにしても結婚相談所で「年下でもいい」という発言には、さすがに私も驚いてしまいました。
一人前の医師になるためには親による多額の投資が必要です。
学力と財産と運に恵まれた人だけが医師になれるというのに、数々の難関を乗り越えて、晴れて医師になった末、彼らがいくつも年上の女性とお見合いで結婚を決めたがると思いますか?

どう考えても、答えは「ノー」です。
彼らには、放っておいても若くて美しい女性たちがたくさん押し寄せて来るものだからです。
それにしても、42歳という年齢になってまで、そのような浅はかな理想を掲げているのは、ひとえに「プチ・バブル女子」だからに違いありません。

モテ期だった自分から、棚卸しができていないのです。

そして、「この美貌と経験があれば、まだ私も勝負できるだろう」と思い込んでしまっているのです。
姫路や加古川の「プチ・バブル女子」たちが結婚できない理由はとてもシンプルで、ただ単にターゲットとなる男性を見誤っているから、ということになります。
自分より数段、格が上の神戸や明石の男性ばかりをしとめようとするから婚活もうまくいきません。

まずは、自分をしっかりと棚卸しをして、今の価値を見定め直すことからはじめるべきでしよう。

先ほどの医師に照準を合わせた42歳の加古川市の女性の場合で考えるなら、「年下でもいい」ではなく、田舎で「60代でもいい」という具合に枠を大きく広げれば、結婚できる可能性もあります。
ただし、先方はバツイチかもしれませんし、子どもの出産や子育てを求めていないかもしれません。
肝心なのは、現実に目を向けて、今の自分の地域での市場価値を知るということです。
そうすることで謙虚な気持ちも生まれ、無謀な理想を掲げた婚活をせずに済むでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-お知らせ・他

電話をする

Copyright© 神戸・姫路・明石・加古川の結婚相談 | 神戸市のお見合い婚活ブライダル・ネットJ , 2018 All Rights Reserved.