神戸三宮駅すぐの結婚相談所、神戸市の婚活お見合い

神戸の結婚相談所で婚活!神戸市のお見合いブライダル・ネットJ

 080-5776-5667

兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-3
創建ビル9F

ひとりよがりになってしまうバツイチ女性

結婚相談所

結婚相談所の鉄則!仲人を味方にしましょう!

更新日:

仲人には「ホウレンソウ」

仲人とは、信頼関係が一番大切。
よく仕事で大切なのは、「報告、連絡、相談のホウレンソウ」と言われますが、これは、あなたと仲人との間にも言えることです。
最初のお見合いが決まったら、3日前から前日までの間に最終確認の連絡。
お見合いを終えた後の報告。
お付き合いを開始したら、デートに行く時の連絡、帰ってきた結果報告。
前に進めなかったり、お相手に迷った時の相談。
仲人との間にホウレンソウの関係をしっかり築けている人は、お見合い→交際→結婚をスムーズに進めることができます。

仲人も人間です。
いい信頼関係が築けていれば印象にも残り、お勧めの結婚相手候補がいた時には、真っ先に紹介をしてくれますよ。

お見合いでも、恋愛のように振る舞うのはまったく問題ありません。
しかし、「仲人」という後ろ盾があるからこそ「早く結婚が決まる」というのも、また事実なのです。

自分で恋愛しているようでいて、後ろでは仲人たちが、「うちの預かりの女性とあなたのところの男性が昨日デートしたらしいわ。その時にちょっと彼が結婚に積極的でないようなことを言ったらしいの。そんなことを言ったら、女性が引いてしまうよ。うちの女性にもちゃんとアドバイスしたから、もう彼にそんなこと言わないように言っておいてね」などと、当人たちには見えないところで手綱を引き直しているんです。

仲人は味方です

大丈夫!「ひとりよがり」にならないでください。
女性は、自分に「この人だ!」という確信がないと、恋愛モードに入っていけない、向かっていけない性質です。

逆に男性は、女性が自分に向かってきてくれているとわかれば、自分も「この人を守るのは僕だ!」と気持ちが入っていく傾向があります。
ふたりのタイミングが合えば言うことなしなのですが、あまりにずれてしまうと、せっかくうまく進んでいたお見合いが、いきなり終了!なんていうことにもなりかねません。

私がお預かりしている神戸市の40歳の女性が、他の仲人さん預かりの東灘区の46歳の男性と出会いました。
お互い、初婚同士です。
お見合い後、男性はとても彼女が気に入りました。
彼女もまんざらでもない感じでお付き合いスタート。
3ヵ月が経過したころ、彼は彼女に、「そろそろ真剣に結婚を考えてほしい」と言いました。

彼女は「あまりすんなりOKをすると、あせっているみたいに思われるから」と、返事をはぐらかしてしまいました。
しかし、その時から彼は猛烈にアタック。
プレゼント攻撃、デートの後は必ず家まで送って行ったり、と彼女をお姫様扱いしていたようです。

彼女は、今までこんなに気分のいいお付き合いはないと思ってしまい、「もう少し恋愛を楽しみたいと思います」と言い始めました。
私は、「でもね、アタックしてくれているうちが花よ。いい人だと思ったら、飛び込むのが結婚なのよ」とアドバイスをしましたが、結局、状況は変わりませんでした。

6ヵ月くらい経過したころ、彼女が、「彼は最近、デートしても前ほどアタックしてくれないし、なかなか会えないし、マンネリ化してきたので、そろそろプロポーズを受けようと思います」と連絡をしてきました。

そこで、彼の仲人さんに彼女の気持ちを伝えると、こんな返事が返ってきました。
「あのね、彼は先月まではすごく彼女のことを気に入って、絶対に結婚したいって言っていたの。でも、彼女は肩透かしばっかりで、いいお返事がもらえない。そんな時に他の女性がお申し込みしてくれたので、気分転換にお見合いしたの。それで、あっという間に仲良くなって、お付き合いをすることになったの。彼女にそんな気持ちがあったんですか?って、彼、びっくりしてたわ」
「え?っ!じゃあ、お断り?」
「残念ながらね。でも、彼は本当にたくさんプロポーズしたのよ。それなのに全然反応してくれないから、とうとう引いてしまったのよ」結局は、すれ違いで終わってしまいました。

彼女の後悔は本当に大きく、「気に入ってくれているうちにお返事すればよかった」と嘆いていました絶対に、ひとりよひとりよがりにはならないでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-結婚相談所

電話をする

Copyright© 神戸の結婚相談所で婚活!神戸市のお見合いブライダル・ネットJ , 2018 All Rights Reserved.