姫路・明石・加古川・神戸の結婚相談所です

結婚相談所ほっとライン

昔ながらの仲人を紹介します

お問合せはメールをご利用下さい

とんでもない失敗をするお見合い女子

お見合い編

たった1回の手抜きで後悔するのが結婚相談所の出会い

更新日:

神戸の婚活女子が失敗したお見合い!

うちの神戸市の会員さんで、かなり美人の29歳のSさんがいました。
彼女は、先日、姫路で10回目のお見合いをしました。
相手は、3歳年上の明石市の商社マン。私から見ても、かなりの逸材でした。
Sさんは、お見合いで彼に初めて会った瞬間、ひと目見るなり気に入ってしまいました。
一瞬で、恋に落ちたと言ってもいいくらいでした。

でも、いつもきれいにお化粧をして、おしゃれをしてお見合いの席に臨む彼女なのに、その日に限って、たまたますっぴんでふだん着だったのです。
当日、彼女を見た私も、あまりにラフすぎる格好だったので、「えっ?」と思いました。

お見合いを終えて、Sさんはルンルンでした。
好みのタイプの人に出会うと、自分だけその気になってしまうことがあります。
Sさんは、トークを盛り上げて、これまでのお見合いの中で一番力を入れて、自己アピールをしまくったそうです。
「私、彼とぜひお付き合いをしたいです。今日はすごく楽しかったから」。
彼女はすっかり、彼と意気投合をして気が合ったと思っていました。
美人だし、自信もあったのでしょう。

ところが、Sさんの予想を大きく裏切って、お相手の彼からお断りが入ってしまいました。
そのお断りの理由が、「お見合いの席に、化粧しないで来る女性を、僕は好きになれない」というものだったのです。
男の人にしてみたら、それだけ「自分が軽く見られた」と思ってしまったのでしょうね。

私は、Sさんに聞いてみました。
「なんで今回に限って、手を抜いてきたの?いつも気合を入れてお見合いに来てたのに」
「会う前に写真で見た限りでは、たいしたことなかったし、タイプじゃなかったし、またいつもと一緒でダメだって思ったから。適当に話して、切り上げて帰ろうって。全然やる気がなかったんです」
嗚呼。これはお見合いならではの悲劇?
加古川でも同じようなことがありましたが、本当に「会ってみなければわからない」ケースって、たくさんあるのです。
たった1回の手抜きで、人生最大のチャンスを逃してしまう…。そんなこともあるんですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-お見合い編

Copyright© 結婚相談所ほっとライン , 2018 All Rights Reserved.