姫路・明石・加古川の結婚相談所サイト

姫路・明石・加古川の結婚相談所ほっとライン

昔ながらの仲人を紹介します

お問合せはメールをご利用下さい

アラフォー女子はやっぱり男性にはリードしてほしい!

お見合い編

神戸で評判の結婚相談所!お見合い婚活でも男性がリードしてほしい!

更新日:

お見合い結婚でも、やっぱり男性にはリードしてほしい!

神戸の結婚相談所の「お見合い」ケーススタデイー

神戸市で結婚相談所をしています。結婚を成功させるためには今の状況を変えましょう!
ここからは、無料相談に来た女性や、「お見合い活動中」なのだけれど、いまひとつうまくいかない神戸市の会員さんを、ケース別に紹介していきます。
誰もが陥りがちな問題点の傾向と対策を一緒に考えていきましょう。

私の結婚相談所に「入会したい」と連絡してくるきっかけはさまざまです。
婚活面談をしても、100パーセント前向きな気持ちでお見合いに向かっていけない人がいます。

お見合いをしても、最初でつまずいてしまう人もいます。

何度かお見合いをしていくうちに、立ち止まってしまったり、迷ってしまったり、過去のことばかり考えすぎたり。
相手を選ぶことばかりにやつきになって、選ばれることを忘れている人もいます。
お見合いですぐに決まる人、決まらない人は、実はちょっとしたところに差があるのです。

私は、相談に来てくれた会員さんにその問題点を気付いてもらって、何が間違っているのかをアドバイスします。
そこで早めに軌道修正をした人は、誰でも「すぐに決まる人」になって、結婚していりくのです。

ここに登場する会員さんたちのそれぞれのケースを、あなた自身にも当てはめてみてください。

最後まで読み終えて思いあたるフシはありませんか?

1、今の状況に甘えていませんか?
2、不倫中の人は、いませんか?
3、結婚を口にしない彼と、もう何年もお付き合いをしていませんか?
4、結婚したいのに、いまだにひとり。
ならば、あなたの今の状況を変えなくては!

新しい自分になって、新しい人を見て、今まで以上に好きになれる人を「お見合い」で見つけるために、ここで一緒に、少し「お勉強」をしていきましょう。

【ケース1】「忙しい」はお見合い禁句のナンバーワン

「忙しい、忙しい」と何度も言う人がいます。
でも、お相手探しはひまつぶしではないのです。

神戸市で保育士をやっている32歳のTさんは、入会する時にこんなエクスキューズを切りだしました。
「私、仕事がすごく忙しいんです。もし、お見合いの日に急な仕事が入ったら、ドタキャンしても大丈夫ですか?」
え?ドタキャン?
「ドタキャンしなくちゃならないほど切迫した仕事をしているの?Tさんは結婚したいんじゃないの?」
「もちろん、結婚したいです。だけど仕事をしないと生活していけないし、責任もあるし」
確かにその通りですよ。
でも、仕事は、あなたのこと抱きしめてくれる?病気になって倒れても、面倒見てくれる?
当たり前のことですが、人間に与えられた時間は平等です。
仕事が忙しい人ほど、時間のやりくりを大切に考えています。
今、結婚を一番に考えているなら、万難を排して、出会いを最優先しなければ!

もう一人の会員さん、神戸市の33歳の女性、Eさんのケース。

この女性会員は、年収800万円のエリート男性と交際中です。
ただ、住んでいる場所がけっこう離れています。
いわゆるプチ遠距離恋愛です。
「彼が『仕事が忙しい』って言って、なかなか会えないんです。もうダメかも」
「それなら、あなたが仕事終えてから、彼の会社の近くまで会いに行ったらどう?」
「私だって、仕事してるし、忙しいんです」
「それなら年収800万の彼じゃなく、プータロー君を選んだら?そしたら、いくらでも会いに来てくれるわ。年収800万の男だから、忙しいんでしょう」
Eさんは、根はとっても素直な人。
ハッとしたみたいで、それ以来、時間を見つけて、彼に会いに行くようになりました。
彼もそんなEさんがどんどん好きになっているみたい。
彼女が結婚するのは近いと私は見ています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-お見合い編

Copyright© 姫路・明石・加古川の結婚相談所ほっとライン , 2018 All Rights Reserved.